概要

Fuji映画館復活プロジェクトの理念

2010年4月、富士駅前の「シネ・プレーゴ」 閉館に伴い、富士市から映画館は姿を消してしまいました。

富士市は人口約26万人、静岡県では浜松、静岡市に次いで第3位のいわば東部地区では「都市」の位置づけにあたる街なのですが、文化的要素では「映画館」さえない乏しい 現状に陥っています。

そこで「街に映画館を復活させたい」という想いを抱いた或る女性が、NPO法人東海道・吉原宿を母体に 2012年「Fuji映画館復活プロジェクト」を発足致しました。

これまでに映画「HAPPY」の自主上映会や8mmフィルム上映会等の活動を行い 、今年2014年には新体制のもと、新たな局面を打ち出そうと動き出しました。

このプロジェクトは、埼玉県深谷市にある「深谷シネマ」や広島県尾道市の「シネマ尾道」等、市民中心の手で創り上げる「コミュニティシネマ」を目標にし、さらに独自性を加えるならば「映画以外の芸術、文化」の発表も出来るような「市民劇場」を目指したいと思っています。

具体的な場所や、資金等、まだまだ何も定まってはいませんし、賛同者も確保出来ていませんが、今後も上映会や、映画にまつわるイベント等を催し、富士市に映画館の再興を望む小さな灯を、この場を通じて発信していこうと思いますので、みなさまのご支援、ご協力をお願い致します。

Fuji映画館復活プロジェクト